14年前に製材所跡地を購入し、建屋の増改築を行いながら家具工房と農家民宿を開業し、現在は地域の諸問題へ取り組みを行う。

稲刈り&もみすり



「静岡こしひかり」
昨日、2枚の田んぼの刈り取りを行い、夜間乾燥を機械で行い、本日もみすり「玄米」を行い、8俵の新米が出来た。
4軒で2俵ずつ分配して一件落着。若干の余剰20㎏は女ボスの元に。
昨年は同じ田んぼで9俵取れたので60㎏マイナスの成果である。原因は色々有り、①苗が伸びすぎて「ひょろひょろ」で根が良く張ってなかった。②田植え木が不調で植え密度が低かったこと。③水を含めての管理力不足。が想定される。
師匠の「山本老師」は肥料&農薬を使う事を助言された。我々の頭の中は江戸時代の育成方法だ(たんじゅん農法)
1年目10俵・2年目10俵・3年目9俵・4年目8俵。の結果となるが、刈り取り、乾燥は機械でお願いした。
くず米は全て私のニワトリの餌となる(25㎏)