14年前に製材所跡地を購入し、建屋の増改築を行いながら家具工房と農家民宿を開業し、現在は地域の諸問題へ取り組みを行う。

台湾の高校生がホームステー

台湾の高校生がホームステーにやって来た。掛川市の国際交流事業で10年間行われて居ると言う。周辺の市町に分散し男子20名女子12名の合計32名が訪れた。我が家には4名の男子が割り当てられた。日本に来たには何度目ですか?「2度目1名4度目2名7度目1名と日本旅行リターナーでもあるのだ。しかも、家族で来ていると言うし、会話は英語が堪能で助かった。夕食時には春野町の砂川(いさがわ)の宇野さんが家族で合流し楽しい会話になり多いに盛り上がった。また、今回のホームステーデで台湾の高校1年生がこれほど英会話が出来る事に驚いた。