14年前に製材所跡地を購入し、建屋の増改築を行いながら家具工房と農家民宿を開業し、現在は地域の諸問題へ取り組みを行う。

安全・安心な野菜作り

美味しいと言われる農産物が沢山有るが、世間では無農薬で作って居る物は少ないのが現状だ。残留農薬で自分は被害を被る事は無いと思っても、何人かに一人は発症する方々も居る事も理解しなければ成らない。農薬が確信犯であるとしても、証明できないから良しとしているだけだ。
一度、農薬(農毒)を使うと、これがたまらなく便利なので再度使うし、地区の農産物として使うのが当然で、未使用者は組合にも入れないし、ブランド名を使う許可も下りない。そして、当然科学肥料とセットで農毒を使う事が普通になるのだ。日本は不名誉な農薬大国だと言う事を理解して欲しい。高くても、無農薬産品を買うべきだ。
 私は、農業で生計を立てていないが、農薬や科学肥料は使わず地力を付ける畑作りをしている。これが炭素循環農法である。庭を飛び回るニワトリも我が家の大切なタンパク源でも有る。
今日は友人から頂いた紫のジャガイモを少ないが3年掛けて増やし、今年から種以外は食用になるからうれしい。中も紫色であり、明日にでも料理を検討しよう。紫コロッケ?