14年前に製材所跡地を購入し、建屋の増改築を行いながら家具工房と農家民宿を開業し、現在は地域の諸問題へ取り組みを行う。

町並と蔵展準備

「町並と蔵展準備」
今年の11月25~26日に町並と蔵展を計画しています。今年は版画展も同時展示を企画していますが、古いお茶工場を会場予定にしたが、工場の清掃と内部の改造を有志で行って居る。
毎度の事だが、「楽しさや夢や希望」を含めた企画が作れない。これでは駄目だ、若者や職人さんが進んで参加出来る環境作りの落とし込みが必要だと思う。
「地域が立ち上がった様子を報道しながら、参加者のモチベーションが更に向上する仕掛けを作る事が責任者の責務だと思う。」
何処のイベントもこれが不足し、主催者側だけが責任感で活動しているだけだと思う。
でも、辞めたらおしまいである事も確かだ。