14年前に製材所跡地を購入し、建屋の増改築を行いながら家具工房と農家民宿を開業し、現在は地域の諸問題へ取り組みを行う。

イノシシの解体

「イノシシの解体」
獣害で捕獲したイノシシを自家消費を目的に解体をした。友人(s氏)の助けで手足を押さえてもらいスムーズに解体を行う。若干小さかったので、毛皮を取り除いた後、あばら骨を内側から取り外し、背ロースと三枚肉が付いた形で分解していった。手足はスモークハムにする事にして、ロースと三枚肉は冷凍して置くことにした。早く
保健所からの解体の許可を取り、地域のジュビエ料理に活用したいし、猟友会にも協力して行きたいと考えて居る。
この肉の燻製ハムが絶品で、ミネストローネに入れたらほほこける。