14年前に製材所跡地を購入し、建屋の増改築を行いながら家具工房と農家民宿を開業し、現在は地域の諸問題へ取り組みを行う。

古い雑誌

友人から頂いた本を整理して見ましたら、昭和27年の夏山特大号の山と渓谷120円(158号)や岳人(60号)からの連番雑誌が出て来ました。当時の定価を見ると岳人は一冊は65円での販売価格谷川岳特集で串田孫一氏・加藤一男氏・板倉登喜子女史・平塚貞一氏か投稿している。当時の岩登りはフリークライミングが主体であり、埋込ボルトを使った人工登坂は行われて居ないルート図で有った。でも当時の岳人の精鋭達が谷川の岸壁を見て身震いした事を想像する。古本だが欲しい方も居るんでは無いかなー。